矢田寺の歴史と北僧坊

「永代供養」が注目を集めている理由

「永代供養」が注目を集めている理由 新しい供養方法として、注目を集めている「永代供養」。お墓を継ぐ方がいなくても、お寺が永代にわたって、遺骨の管理や供養を行うことから、現代のライフスタイルに合った供養方法として人気を呼んでいます。

また、「遠方に住んでいてお墓参りに行けない」もしくは、独身で身寄りがいないため「お墓参りをしてくれる人がいない」、そんな不安を抱いている方にもおすすめです。こちらでは、そのような永代供養の良いところについてご紹介いたします。

ライフスタイルに合った供養方法

日本のお墓は、本来親から子、子から孫へ受け継がれていくものでした。しかし、近年では少子高齢化や核家族化が進み、「先祖代々受け継がれてきたお墓を継ぐ人がいない」という問題が深刻化しています。中には、「自分の子供や孫に負担をかけたくない」と考え、自ら永代供養を希望する方も少なくありません。また、最近では独身で一生を過ごす方も増えており、身寄りはいないけれど「自分が生きた証しを残したい」と願う方もいます。そのような様々な事情から、永代供養は現代で必要とされているのです。

安い費用で済む

永代供養墓は、個人墓の場合を除けば、墓石代がかからないため、一般的にお墓を立てるよりも安い費用で抑えることができます。永代供養の期間や供養内容、納骨方法によって金額が異なりますので、予算に応じてご検討されると良いでしょう。

生前に予約が可能

近年では、自分の最期を「納得のいく形で締めくくりたい」と考え、終活に励む方もいらっしゃいます。永代供養は事前に申し込むことができますので、ご希望の方は自分にとって満足のいく最期の場所を生前のうちに用意することができます。

当坊は、奈良県の大和郡山市にある寺院です。地元、奈良市民の方からは「矢田寺」や「あじさい寺」の呼び名で親しまれており、長い歴史がございます。三重県・滋賀県・大阪府など、近畿エリアにお住まいの方は、JR郡山駅よりタクシーでお越しいただけますので、当坊の永代供養について詳細をお知りになりたいという方は、お気軽にお問い合わせください。

banner1.gifbanner1.gif


矢田寺の主な行事

修正会
一月一日~三日
修二会
二月一日
涅槃会
二月十五日
春彼岸会
春分の日の前後一週間
正御影供
四月二十一日
開山会
六月六日
盂蘭盆会
八月一日~七日
施餓鬼会
八月十八日
地蔵盆
八月二十三日、二十四日
秋彼岸会
秋分の日の前後一週間
仏名会
十二月九日
弘法大師御影供
毎月二十一日
地蔵菩薩欲日
毎月二十三日