矢田寺の歴史と北僧坊

お墓と納骨堂の違い

核家族化や高齢化、少子化、墓地不足などから、ここ近年では納骨堂が注目されるようになりました。しかし、お墓と一緒で、大切なご先祖様がいらっしゃる場所には変わりはありません。実際、お墓と納骨堂にはどのような違いがあるのでしょうか。

屋外と屋内

お墓は遺骨を土に永遠に納める場所です。墓石があり、先祖代々に継がれ、子孫の遺骨も埋葬していくこともできます。墓地や庭園など屋外にあるので、天候によっては参拝ができません。また、定期的に掃除などメンテナンスをする必要があります。

一方納骨堂は、遺骨を保存したり一時的に預けたりする場所で、屋内のロッカーのような所に納められます。冷暖房などの設備が整っている所も多く、掃除やメンテナンスの必要もあまりありません。屋内なので、雨が降っていても参拝できます。

使用権について

お墓は永代にわたって使用するため、「永代使用権」という権利を取得します。永代使用権は、お墓を受け継ぐ子孫に引き継がれますが、他人に売ることはできません。納骨堂を使用する場合は、納骨堂に預かってもらう権利を取得する「遺骨の寄託契約」を結びます。

参拝について

お墓はいつでも参拝でき、自由にお供え物を置くことができます。故人が好きだった食べ物など何でも供えることができます。しかし納骨堂の場合、参拝時間が決められており、お供え物も制限されている場合があります。参拝できる時間が限られているので、予定を組んでおかなくてはなりません。

費用について

一般的なお墓は、永代使用料や墓石などで200万円程の費用が必要になりますが、納骨堂なら、永代供養も含めて50万前後で済みます。納骨堂は、お墓のように購入という形ではなく、スペースを使用する権利を得るものですが、お墓に比べてだいぶ費用が安くなります。

このようにお墓と納骨堂にはいくつか違いがありますが、納骨堂の場合、実際には通常のお墓と同じように使用している方も大勢いらっしゃいます。お墓のご購入が難しい場合、納骨堂をご検討されるのもひとつの方法だと思います。

奈良にある当坊では納骨壇もご用意しておりますので、京都市や大阪市、滋賀、三重、兵庫にお住まいの方、お考えになってみてください。

banner1.gifbanner1.gif


矢田寺の主な行事

修正会
一月一日~三日
修二会
二月一日
涅槃会
二月十五日
春彼岸会
春分の日の前後一週間
正御影供
四月二十一日
開山会
六月六日
盂蘭盆会
八月一日~七日
施餓鬼会
八月十八日
地蔵盆
八月二十三日、二十四日
秋彼岸会
秋分の日の前後一週間
仏名会
十二月九日
弘法大師御影供
毎月二十一日
地蔵菩薩欲日
毎月二十三日