矢田寺の歴史と北僧坊

お墓の建立が難しいなら

地には公営墓地や寺院墓地、民営墓地など様々な種類があり、それぞれに特徴やメリット、デメリットがあるため、墓を建立する際は良く考え選択する必要があります。

しかし、なかにはお墓を建立することができず、永代供養として納骨堂を利用するケースも増えてきました。

仏壇式のメリット

個別の壇になっているために上段、下段ともに自由に使える空間が多く、安置スペースも広いため快適に利用することができます。また、家族代々墓として利用できますので心理的な抵抗感もなく、お花を飾ることもでき、遺族の写真や記念品を一緒に入れておけるのも大きなメリットのひとつです。

当坊の納骨堂は、壇の種類が仏壇式となっています。

納骨堂はこんな方にもおすすめです

現代は少子化や晩婚化、さらに独身者の増加により子供を持たない人が増え、お墓の跡継ぎがいないというケースも増えています。お墓を守ってくれる人がいなければ、きちんとした供養もしてもらうことができません。そんなときにもとても役立つのが納骨堂です。

もともと納骨堂は墓地に埋葬するまで、遺骨を一時的に預かってもらう屋内墓地のことでしたが、現代人のニーズを満たす新たなお墓のかたちとして選ばれています。納骨堂なら跡継ぎ不要でも申し込みをすることができ、定期的に寺院が供養を行います。また、跡継ぎがいないという方の他に、子供に世話をかけたくないという方にも最適です。

奈良県にある当坊でも、永遠の安らぎを保証する新しいタイプの墓所である永代供養堂がございます。お墓の建立が難しい方はぜひ、ご利用なさいませんか。

上段は仏壇、下段は納骨壇になっている仏壇式タイプで、納骨壇の受付は宗派を問わず受けつけておりますのでご安心ください。三重県、滋賀県、京都市など近畿エリアにお住まいの方もアクセスしやすいかと思います。

banner1.gifbanner1.gif


矢田寺の主な行事

修正会
一月一日~三日
修二会
二月一日
涅槃会
二月十五日
春彼岸会
春分の日の前後一週間
正御影供
四月二十一日
開山会
六月六日
盂蘭盆会
八月一日~七日
施餓鬼会
八月十八日
地蔵盆
八月二十三日、二十四日
秋彼岸会
秋分の日の前後一週間
仏名会
十二月九日
弘法大師御影供
毎月二十一日
地蔵菩薩欲日
毎月二十三日