矢田寺の歴史と北僧坊

永代供養と無縁仏の違いとは

近年のお墓事情は変わりつつあります。核家族化が進むなか、身寄りが無く一人で暮らしている高齢者の方も増えています。そんな現代では「永代供養」が大変注目を集めています。また、それに伴い無縁仏も耳にする機会が増えてきたのではないでしょうか。 そんな永代供養と無縁仏の違いについてご紹介します。

永代供養と無縁仏の大きな違い

どちらも供養できる継承者がいない場合にお寺で管理・供養してもらえるので同じようなイメージを持つ方もいらっしゃると思います。しかし、その2つには大きな違いがあるのです。 無縁仏は、親族を含めて誰も供養する人がいない仏様のことを指します。墓守がいないので、お墓の管理費がお寺に支払われることもなくお寺が負担をしてその仏様を管理するものです。また、お寺や霊園などにお墓があるけれど誰も供養しに来ていない、誰がそのお墓を継承したのか分からない状態も無縁仏と呼ばれています。 その一方で永代供養は、今後家系が絶える可能性が高く、墓守を継承できる人がいなくなると予測できる時に長期間の供養を事前にお寺に依頼するものです。お寺によってその期間は異なりますが、その後は仏様を土に還すなどの方法をとることもあります。

無縁仏にしないためにも

家系が途絶えて誰にも供養されなくなるのは非常に悲しいものです。代々受け継がれてきたお墓をできるだけ長く供養し続けるためにも、永代供養を利用してみてはいかがでしょうか。日本は礼儀を重んじる風習のある国なのでお墓を守る意識は高いと思いますが、超高齢化社会の現代では継承者のめどが立たない場合も出てきます。そんな時には永代供養墓に切り替えるのもお墓を守る一つの手段だと思います。

奈良県大和郡山市に寺院を構える当坊でも永代供養を行っております。奈良市民の方々だけでなく、三重県・滋賀県などの周辺地域にお住まいの方のご相談も受け付けておりますので、ぜひお気軽にご連絡ください。

banner1.gifbanner1.gif


矢田寺の主な行事

修正会
一月一日~三日
修二会
二月一日
涅槃会
二月十五日
春彼岸会
春分の日の前後一週間
正御影供
四月二十一日
開山会
六月六日
盂蘭盆会
八月一日~七日
施餓鬼会
八月十八日
地蔵盆
八月二十三日、二十四日
秋彼岸会
秋分の日の前後一週間
仏名会
十二月九日
弘法大師御影供
毎月二十一日
地蔵菩薩欲日
毎月二十三日