矢田寺の歴史と北僧坊

納骨の基礎知識

大切な親族が亡くなるのは非常に悲しい出来事ですが、その悲しみにいつまでも浸っているわけにもいきません。葬儀や火葬、納骨など様々な準備が必要となります。しかし、初めてのことでどのようにしたら良いのか分からない方も多いのではないでしょうか。 そこでこちらでは、葬儀を終えて一段楽した後に行う「納骨」の基礎知識をご紹介いたします。

納骨とは

納骨には2つの意味が存在します。1つ目が、火葬して骨となった仏様を骨壷に納めることです。この納骨の流れは葬儀会社によって行われることがほとんどなので、何の戸惑いもなく行えるはずです。 もう1つは、骨壷の仏様をお墓や納骨堂などに納めることです。納骨は故人の最後のすみかを決めるものですので、故人の意思を尊重してあげることはもちろん、その供養を行っていく遺族同士できちんと話し合いを持つべきです。

納骨の方法

古くから伝統的に行われていた納骨の方法はお墓に納める形が一般的でしたが、社会情勢が変わった現代の日本では、様々な新しいスタイルの納骨方法が出てきています。

  • 納骨堂

    納骨堂と一口に言っても様々な種類があるのですが、当坊ではお仏壇式の納骨堂となっております。契約した区画の上段にお仏壇があるので位牌を置いて遺影やお花などを飾り、下段に遺骨を納めます。お墓を建てるまでの間などで一定期間納骨するものや永久に納めておける方法があります。

  • 散骨

    納骨とは少し違うかもしれませんが、故人の遺骨を供養する方法として散骨というものもあります。散骨が認められている海などで、粉末化した遺骨を撒いて自然に還すことができるのです。

  • 樹木葬

    樹木葬による供養が日本で行われるようになったのはごく最近のことで、専用の敷地内で墓石の代わりに樹木を墓標として埋める供養の方法です。

奈良県のお地蔵さんのお寺としても有名な当坊でも、納骨壇による供養を行っております。奈良県にお住まいの方だけでなく、京都市・大阪市・滋賀県・兵庫県・三重県などの周辺地域にお住まいの方々も、本堂前のあじさいが魅力の当坊へ足を運んでください。

banner1.gifbanner1.gif


矢田寺の主な行事

修正会
一月一日~三日
修二会
二月一日
涅槃会
二月十五日
春彼岸会
春分の日の前後一週間
正御影供
四月二十一日
開山会
六月六日
盂蘭盆会
八月一日~七日
施餓鬼会
八月十八日
地蔵盆
八月二十三日、二十四日
秋彼岸会
秋分の日の前後一週間
仏名会
十二月九日
弘法大師御影供
毎月二十一日
地蔵菩薩欲日
毎月二十三日